矯正歯科(歯列矯正)

kyosei_img_1
矯正歯科(歯列矯正)治療とは、自分の歯を生かしたまま人工的な力を加えて、不揃いな歯並びや悪い噛み合わせを治療することです。
虫歯・歯周病などの歯科治療とは異なり長期間の治療となり、生活していく上での注意点などがあるため、矯正治療は歯科医師だけの力ではなくご本人、保護者の方など周囲の協力も必要となります。当院では、患者さまご本人が十分な自覚を持てるように矯正治療の前に十分なカウンセリング、いくつかの注意事項を丁寧にご説明しスムーズな治療を心がけています。どうか皆さまも一緒に力を合わせて矯正治療を進めていきましょう。

歯並びが悪いとどうなる?

歯並びが悪いと言うことは、顔の輪郭や口元の歪みなどで人前で笑うことに自信が持てなかったりして精神的なストレスや嫌悪感を生みます。また、見た目だけの問題ではなく、歯並びが悪いと歯磨き時にうまくブラッシングが出来ず、歯の隙間にプラークが溜まり歯周病や虫歯の原因になったり、噛み合わせが悪いと身体全体のバランスが崩れ、身体的な病気に罹ったりする場合があります。

矯正歯科(歯列矯正)治療の効果

治療法としては、歯に装置を固定し一定の力を加えて長期間にわたり少しずつ、不揃いな歯並びや噛み合わせを治していきます。矯正治療の代表的な効果として以下があります。

kyosei_img_2

【虫歯・歯周病の予防】

歯並びが悪いと言うことは、歯磨きがしづらく十分な清掃が行き届きません。歯並びの悪い人はそれだけ虫歯や歯周病になりやすいリスクをかかえているといってもいいと思います。そうしたリスクを取り除くことができるのが矯正歯科(歯列矯正)治療です。
歯を失う要因のほとんどが、歯周病による歯槽膿漏だと言われます。矯正治療を行い歯並びを良くすることで、歯周病の原因であるプラークをつきにくくします。また、歯磨きもしやすくなり虫歯の予防につながります。健康な歯を持った高齢の方のほとんどが歯並びが良いと言われています。

【噛み合わせの改善】

噛み合わせは決して軽い病気ではありません。噛み合わせが悪いと歯の影響だけでなく、顔の輪郭、口元の歪みや全身の歪みが出て頭痛や腰痛など身体の健康状態も関わってきます。また、集中力も低下する原因ともなります。噛むという動作は脳へのよい刺激となり脳の活性化を促します。噛み合わせを改善して、健康な生活を送りましょう。

【笑顔に自信がつきます】

歯並びが悪くて人前で笑いたくないと思われている方もいらっしゃるでしょう。笑顔に自信がないと精神的にもよくありません。
矯正治療を行うことで歯並びの改善だけでなく顔の歪み、口元の歪みも改善され笑顔に自信が持てます。歯列矯正で健康な精神を持ちましょう。

矯正歯科(歯列矯正)

矯正治療はお子様の歯が生え揃った時に始めるのが一般的と言われ、適切な時期に適切な方法で治療をすることがとても大切です。
歯並びや噛み合わせの不正の原因は遺伝的なものもありますが、ほとんどが成長期の環境や健康不全によるものが多く、このような歯並び・噛み合わせの不正は歯の病気だけに関わらず、様々な身体的な病気を併発させますので早めの対処を行いましょう。また、お子様は大人と違い成長段階ですので歯が動きやすく時間も費用もかかりません。

小児矯正治療のメリット

【バランス良い成長を促すことができます。】

発育を妨げるような癖を改善(嚥下癖など)するとともに、正常なアゴの発育を促す装置などで、顔の成長のバランスを整えます。顔つきやアゴの発育のコントロールは、成長期のお子様にしか出来ない治療となります。

【治療期間が短く、費用も安くすみます。】

子供は成長期でまだ骨がやわらかく、歯が動かしやすいため歯や顎への負担が少なくてすみます。

【永久歯での矯正期間が短縮されます。】

永久歯に生え変わってからの本格矯正の期間が短くなります。まれに必要なくなる場合もあります。